寝起きの口臭原因は胃にあり!

寝起きは口臭がきつくなりやすいもの!その原因が胃にあるというケースもあるんです。
MENU

寝起きの口臭原因は胃?!

寝起きの口臭を発する男性

 

朝の寝起きで、口臭が「胃の臭がする!」と家族から言われることがありますが、
本当に寝起きの口臭は胃の臭いが原因となるのでしょうか?

 

食道と胃の堺にある噴門という食べた物が逆流しない為の弁のようなものがあるため、
一般的には胃の臭いが寝起きの口臭となって現れる直接の原因ではないと考えられます。

 

しかし、胃の調子が慢性的に悪かったり調子が悪い原因で、
寝起きの口臭が強くなることがあります。

 

あくまで口臭が強くなるだけで、胃の臭いという訳ではありません。

 

ストレスが多かったり、偏った栄養の食品ばかりを食べることが原因で、
胃に負担がかかり、食べた物が胃に留まる時間が長くなります。

 

胃の働きが悪い状態で、食べた物が胃の中に残ったままになっていると、
発酵しガスを発生させるので、寝起きの口臭が強くなる原因となることに繋がります。

 

また、胃で発酵したガスがそのまま口臭となって出なくても、胃で発生したガスが一度血管に入り、
口から排出されることがあるようです。

 

血管を通して、肺に送られたガスが、呼吸の度に息に
混じった放出されると、強い口臭となるという訳です。

 

寝起きの口臭が胃に原因ある場合、まずは普段の食事を見直すことが大事です。
胃に負担を和らげるもので栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

>>>胃から発生する口臭を撃退!みやびの爽臭サプリの体験レビューはコチラ

 

効果について

製品情報

購入情報

口臭お役立ち情報

その他臭いお役立ち情報

このページの先頭へ
FX